読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオリンで遊びたい年頃なんです

バイオリンで遊びたいんだからしょーがないよね。

決めた

明日から2連休。

久々の2連休。



本来ならば、前もって先生に連絡とってレッスン受ける所。


所持金1,260円。


目の前には連休という名の可能性が広がっている。


所持金1,260円。


オーケーもう何もいうな。



仕事を終えて家に帰り、私がするのは荷造り。

バイオリンと教本と、あとなんか色々持って行かなきゃ。



そして電話。



『もしもしー?』
(*ノ∀`*)ぁ私です。あなたの可愛い盛りの娘です。
今から帰るんで、ご飯恵んで下さい。
ついでに2連休なので、泊めて下さい。
さらに遊ぶお金とか下さい。











。。。
『ご飯。。。』の辺りで電話切られたヒドスン。









実家まで片道1,080円。


残高120円。

自動販売機で飲み物すら買えやしない。




。。。実家帰ればなんとかなるだろ。


レッスン行けないからバイオリン弾きまくって遊ぼう!!



何度かけても繋がらない電話に一抹の不安を覚えながら、鈍行列車に揺られてわたくし実家に帰らせて頂きます。









ここを押して頂きますと、実家に帰って無一文でぬくぬくと過ごそう計画を立てます。

よろしければどうぞ押してあげて下さいませ。