読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオリンで遊びたい年頃なんです

バイオリンで遊びたいんだからしょーがないよね。

これはもはや

超絶技巧並みだと思う。



私の中でのベストオブ超絶技巧。



速いよ。
曲が速いよ。






カノンってこんな難しかったっけ?!


なんかもっと優雅なゆったりまったりした曲だったのに。




多分これは日常生活に例えると、



普段6時に起きて
鳥のさえずりを聞きながら
スーツでバシッときめて
新聞やパソコンで世界情勢をチェックとかしながら
コーヒーをブラックで飲みつつ
クラシックな音楽なんか流しちゃって
眼鏡をクイッとあげて
時計を確認
さあ今日も仕事しましょうと
7時にピッカピカの靴履いてクラシックと鳥に別れを告げて出勤。


って言う一連の優雅な作業を日課にしてる人がいたとして。




そんな人が。


寝過ごしてお時間6時45分。
飛び起きてタンスに小指をぶつけ自分の悲鳴で覚醒。
コーヒーをスーツにこぼし
それを新聞で拭き取り
それでも聞こうと頑張ったクラシック音楽はなぜかヘビメタ
眼鏡をクイッとあげた瞬間手が滑り飲みかけのコーヒーの中に。
リピートでかかるRhapsodyのEmerald Swordをオフにする暇もなく身体中コーヒーまみれで駅へ向かう朝7時5分。




ってくらいに曲の雰囲気変わってると思う。





どこでもドア組合の3曲目、カノン。

使っているアプリの関係で、めっちゃ速く弾くことになって。


速弾き出来る人すげえなと心から尊敬する毎日。



もうね、あがめるわ。
速弾き出来る人。

毎日速弾き出来る人のいそうな方向に向かって拝むわ。
ごりやくみたいなのがありますよーにと。



このスピードで弾けたら。

私のバイオリン生活、何かが変わると思う。

それくらい速い。







何かが変わると信じて、今日も拝もう。







ここを押して頂きますと私が今日はどっちの方向に拝もうかじゃんけんで決めます。

よろしければどうぞ押してあげて下さいませ。