読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオリンで遊びたい年頃なんです

バイオリンで遊びたいんだからしょーがないよね。

バナナマン子どもと戯れるの巻

仕事でバナナになり子どもに蹴られ、次の日もう一度バナナになる。



そう!!

ダブルバナナデー!!もとい、ティーパーティー!!


バイオリンのお友達が誘ってくれて、左手にバイオリン、右手にバナナを持ち上京。





バナナをかぶる時、私はもはやオッティではない。

私はバナナ。
フィリピン産。

オーイェー!!

気持ちを高め、いざ!!



なんかスッゲー綺麗な屋敷なんですけどー。
屋敷なんですけどー。
けどー。



住宅街に突如現れたザ・メルヘンな建物。

なんつーか。
なんっつーか。。。


雰囲気すげぇ!!!



滲み出てる!!
なんか滲み出てるよなんかが!!
いい感じのなんかがぶあっと建物から滲み出てる!!



すごいなぁ。やばいなぁ。これは。。。

早くバナナにならなければ!!


ドキドキしながら部屋に入る。







なんかモーツァルトがくつろいでる!!



一瞬目が合う。

ひとまず、そらす。










もう一度見る。

うーんモーツァルトだ。





モーツァルトが部屋でいい感じにめっちゃくつろいでる。


なんか。




部屋に合ってる!!


雰囲気すげぇ!!



なるよ!!うん!!なるなる!!
やっぱこーいう部屋だといるよねーモーツァルトの1人や2人!!





おずおずと話しかける。

こんにちはーモーツァル
ヘンデルデス。』




(*ノ∀`*)ヘンデルだったー

あのくつろいでた人ヘンデルだったー!!




(o’∀’o)『モーツァルトとはカツラがちがうんです』




(*ノ∀`*)カツラが違ったー

まさかのカツラで判断。




すごいなぁ!!
しょっぱなすごいなぁ!!
いーなぁあのカツラ。




『オッティ早くバナナにならないの??』

会場を見る。
バナナになりたいが、まだ我慢。

オッティの時の姿で会いたい人がまだ来ていない。


バナナになってしまったら、その人の私の印象はバナナなってしまう。
ちゃんと挨拶してから!!
バナナになるのはそれからだ!!




来ないなー。

まだかなー。




いかしたヘンデルと可愛い騎士とジバニャンとで遊んでいること数十分。








『こんにちはー』





来た!!


来た!!

やっと!!

会えた!!!


クレモナ親父さん!!






生オヤジ!!




ブログでお世話になっている、クレモナ親父さん!!

やっと会えたぜヤッフゥ!!



早速ご挨拶。





これで思い残すことはない。



心置き無く。



バナナになれます!!




皮、装着!!




テッテレー♪
バーナーナー!!







〜突然ですが以下、ポエム風にバナナになった後の顛末を〜



それでは聞いてください
『この気持ちはなんだろう』





黄色に包まれ開く扉 未知への世界

ざわめく会場 目の光る子ども

追われるバナナ 追う子ども

剥がされそうになる皮 必死で抵抗

巨大なバナナ びくつく子ども

お菓子を床に置いて 接触を図る

床に置かれた柿ピー 拾い上げるバナナ

かがんだ瞬間 入るよキック

ホーラコワクナイヨー バナナハトモダチダヨー

びくつく子ども 未知との遭遇

『これ食べていーよ』 床に置かれたおせんべい

ホーラコワクナイヨー バナナハトモダチダヨー

『バナナめー!!』 勇敢な小さな騎士が

私めがけてナイスアタック

フハハハハハハ 効かぬわ!!

ホーラコワクナイヨー オイシイバナナダヨー

『やっつけてやるー!!』 バナナは串刺し

バナナハ無敵ダヨー 捻り潰してくれるわ!!

びくつくジバニャン 『これ食べていーよ。。』

床に置かれたチョコを拾う 飛びつく騎士

『おんぶー!!』 騎士を手なずけジバニャンの元へ

『これ食べていーよー!!』 ついに直接手渡し成功






バナナ 完 全 掌 握











いやー、バナナ着てダッシュとかサウナかと!!


そしてそんなワサワサした中で、バイオリンを弾いてる方々のうまいこと!!




聞いておもう。


やべえバナナになってる場合じゃねぇ。




人前で弾くのは緊張するのに、堂々と弾いててみんな凄いなぁ!!


クレモナ親父さんがシベリウスを使った練習方法を披露してくれて、思わずシベリウス欲しくなる。


みんな。。。凄いなぁ!!

パーティ楽しかったー!!
誘ってくれた友達ありがとう!!


パーティも終わり、皮を脱ぎ捨てオッティに戻ったその帰り道。





なんか博物館ある!!
しかも音楽の博物館とか!!


いくらなんだろ
『タダです』



(*ノ∀`*)そりゃ入るよねー!!



帰り道にちょっと寄り道。



『今ちょうどピアノの演奏してるんですよー』

(o'∀')bやったぜラッキー!!


会場に入るとお姉さんがピアノを弾いてる。

へぇ。。この部屋。。。
ピアノまみれ!!

ピアノ、ピアノ、ピアノ、ピアノ。。。。
何台あるんだろこの部屋!!


『こちらのピアノは、ベートーベンの時代に作られたピアノでございます。。。』

『こちらのピアノは。。。』

『こちらは。。。』




お姉さんが、ひとつずつピアノを説明しながら曲を弾いてくれる。

ベートーベンの月光を聴きながら、

へぇ。ベートーベンの時代のピアノって、今より音小さいんだなぁ。

と思えるこのなんとも言えない贅沢な時間。

ちょっと前までバナナになって子ども達とワチャワチャやってたようには思えないこの優雅さ、さすが大人。そう、私は大人。



面白かったのがペダルが5個あるピアノ。


なんでこんなにたくさんあるんだろうと思ってたら、まさかの展開。
こんな面白いピアノ発明するなんて、当時の人達と友達になりたい。
いや親友になりたい!!




バイオリンパーティーは楽しかったし、帰り道に思いがけない面白い物も見れたし、楽しかったー!!


またやりたいなぁ!!







ここを押して頂きますと、バナナになった姿でバイオリンをはさめないものか練習します。

よろしければどうぞ押してあげて下さいませ。