読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオリンで遊びたい年頃なんです

バイオリンで遊びたいんだからしょーがないよね。

必殺技を手に入れた。

仕事をするのは楽しい。

まぁそれなりに楽しい。

ずっと事務所にいる仕事ではないので、やべぇテンション下がるわーと思ったら好きなところ行って仕事出来る。

上司にも恵まれていると思う。

ニコニコしながら仕事する。






このニコニコがいけなかったんでしょうか。

『これやっといてー』
『代わりに出といてー』
『やる人いないからやってくんない?』
『昼に来るから頼むよー』



そして皆、あー良かったーやる人いなくてどーしよーと思ってたんだよねーとか言いながら後よろしくーと去っていく。



1番アクティブだったのが、お互い初対面で名刺交換したその直後にこれやってくんない?と言うだけ言って颯爽と立ち去って行ったお姉さん。


その間3分。


カップラーメン出来るの待ってる間に初対面の人に仕事振られた。
今でも思う。あれは誰だったんだろう。
ミスヌードル。ハイヒールの音がキレッキレ。怖い。





気づけば自分の仕事の他に余計な仕事と変な肩書きがどんどん増えていく。




まぁいいよ。
私で出来る事ならば喜んでやりますよ。



『この日展示会に行ってくんない?』



いややっぱムリ。

全然自分の仕事できないじゃん。
何これ。
提出物とかさー!!皆ちゃんと期日を守れよ!!
任せた後ほっといてんじゃねーよ!!
必要なのはお前らの判子だけじゃねーんだよ!!
今その書類どこで止まってんだよ!?


しかも展示会の日って発表会じゃん!!
バイオリンの発表会じゃん!!

やだよ絶対展示会なんて行きたくないよ!!
ただでさえここ最近変な仕事ばっかで行きたかったレッスンお休みしたんだから!!
ひどいよバイオリン弾きたかったのに!!

発表会前のレッスンだったのに!!
色々聞きたい事とかあったのに!!
もうぶっつけ本番でいくしかないじゃん!!

カンタービレだってこれでいいのか先生に聞きたかったのに!!
アベベルムコルプスめっちゃ頑張って練習したのに!!

先生は振替できるよって言ってくれたけど、提示された日は全部仕事。
それでも。。。と先生が出来る日を探してくれようとしたけど、元々こっちがお休みしたんだから申し訳なさすぎてお断り。


全部。。。全部仕事のせいだ!!



アベベルムコルプス!!
アベ!!


そして展示会!!

あー絶対やだ何これなんなのなんの展示会よ?環境?環境を守る??いや環境を守るのは大事だと思うけど何これ私の仕事に1ミリも関係ないじゃんあいつか!!あの女か!!カップラーメンの女に振られたやつか!!あいつ環境の女だったのか!!環境ヌードルめ余計な仕事持ってきやがって。
名刺を見ると、『〜環境〜課 安倍』




お前アベかよっ!!


大丈夫、同じアベなら分かってくれるはず。
アベさんと展示会行きたくないです。私はその日発表会でアベベルムコルプス弾くって決めたんです。

アベベルムコルプス弾きたいんです!!
環境なんて興味ないです!!


よし、言える!!



(o'∀')b『展示会行ってさ、まずは色々見て来てよ』


(*´∀`*)))。。。あー、展示会面白そうですよねーいつなんですかー?(さぁ落ち着いて!)アァ!!ソノ日カァー!!ソノ日ハナァ。。。(ちらっ)


(o'∀')b『私もさぁ、用事あったんだけどさぁ、仕事だもんねーしょーがないよねー。帰りにこれからの事もお話したいし、丁度いい機会だったねー。』


(*´∀`*)。。。(ヌードル安倍。。。怖い。)


(*´∀`*)その日。。。。。。式なんです。



(o'∀')b『ん?』


(*ノ∀`*)その日!友達の!結婚式なんです!!だから!!あの、行けないかもしれませんすいません(ヌードル安倍怖い!!)こういうの初めてなんで、本当はすごい行きたかったんですけど!!


(o'∀')b『なんだぁじゃあしょうがないねー。友達におめでとうって言っといてー。また別の日もあるし、その時にじゃあゆっくりお話しましょうねー。』



バイバーイと去っていくヌードル安倍。



ヒール。。。キレッキレだなぁ。。。


そして。


結婚式。。。魔法の言葉だなぁ。。。



過去に1回使ったことあるけど、その時も誰にも何も言われずおやすみ取れた。





こりゃあ。
たまらんな。




いや嘘はついてない!
友達の結婚式はちゃんとあるもん。
ただ、発表会の前の日が結婚式ってだけで、嘘はついてない。




断れて良かったー!!
ヌードル安倍が結婚式にもめげなかったら私は負けていた。
私だっていつも仕事を引き受けてばかりではないんだ!!

必殺技を使って勝ち取った発表会、楽しみだぜ!!







ここを押して頂きますとヒールの音に怯えながら音階練習を始めます。

よろしければどうぞ押してあげて下さいませ。